読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Everytime I miss you.

君と飲むコ-ヒ-に砂糖はいらないね

終わりは始まり 〜CLIE Summer Festival〜

 

0828、CLIE Summer Festival

のイベントレポです(U^ω^)

 

ちゅうい

・曖昧、時系列頑張ってるけどばらばら

・他の方のレポを見つつDVD見直しつつ記憶を絞り出してます

・語尾とかもちろんだけど雰囲気で補ってます

・誰が発したか覚えてないところは「」だけ

・SLAZYなので今回はBDEQDBVP表記


☆立ち位置→DB VP B D E Q


DBから挨拶。スクリーンに4の時のビジュアルが映るんだけどなぜか客席が爆笑。


VP。初っ端Let's?の掛け声で、すでにエレガント❤︎と発せるladyがちらほら(笑)

そしてもう一回みんなで、
Let's?\エレガント/

 
B「きめるさんのあとやり辛い(笑)」
DB「もっくんもやって?」
客席「フゥ〜〜↑」
B「みなさん、ブルーム役太田基裕です!Let's?エレガント〜〜」
その後、加藤さん、井澤さんも続けてエレガント。
「あれ〜〜なんかあそこに1人だけやりたくなさそうな奴がいるぞ」
Q「Q役の法月康平です。よろしくお願いします」
「「あ〜〜貫いたわ、貫いたわ(笑)」」

B「いつのまにかSLAZYきめるさんに飲み込まれてる(笑)大丈夫かな(笑)」

 

☆AWのお話
司会「出演してたのは、きめるさん、加藤さん、法月さん。他の3人は見た?」
DB「今回のイベントがあるから見たけど、あっ定点映像だった、定点映像(笑)何が起こってるのか分からなかった(笑)」
B「えっ???倉貫さんその映像どこから入手したんですか????」
DB「いろいろあるんですよ(笑)」←おそらくルッキュ
「「あやしいwwwww」」
B「僕はね、マネージャーさんが観に行きました(笑)」
E「僕はその時保育園に居ました」
「ママと?(笑)」
E「そうですママと」

VP「僕は5作品目にして初めての出演でした。色んな回収があったから絶対見といた方がいいよ!」

 
D「あのね!みんな(BCE)が出てなかったから!全部俺が説明しなきゃいけなかったんだから!(キレ気味)最初台本見たときに、みんなの説明あったから、『俺これマジで言うの?(笑)』ってなったよww」
「でもなんか千秋楽だけね、そのね。来てた人いたよね?」
B「そうね、これくらいの人ね。(自分の腰くらいの位置に手を置いて、米原さんの身長を表してました。だいぶミニマムでした)」
「もうね、あの人が良いところ全部持っていった。全部」

 
☆コーナー① 『俺のSLAZY』
事前にキャストにアンケートをとってて、好きなシーンの映像を流して、その後話を聞いていくコーナー。

 

B「ねぇこれクールビーのコーナーじゃないよね?(笑)」
「「たしかにwwwwww」」

 
司会「じゃあ太田さんの掛け声でVフリお願いします」
B「………ん?…えっ?掛け声?えっ?(焦ってた)」
B「あっ、えっ、じゃあ………こちら!!(笑)(良い声)」

 
〜Bの好きなシーン〜
8にも、見せたかったな。
たぶん、、見ていますよ?
嘘だ。(笑)
どうでしょう。
♪〜 1度きりのLIFE 1度きりのLIFE
これでいいのかい oh..LIFE
1度きりのLIFE

 

B「このシーン大好きなんです。8だってことをDeepには言わずにそれをQがいい感じにしてくれるんだよね」
Q「実はこれね………俺も書いたんだよ」
B「え〜〜?!さすがだ!同じこと思ってたんだ。うわ〜嬉しいね、ありがとう。やっぱり好きですね。(Dとは)初演から一緒で思い入れが深いですから」

 
〜Bの好きなシーン2つ目〜
支配人と呼べ。
えっえっえっ?司法書士
司法書士じゃない。支配人。
うーわっ?!つまんな!

 

B「この聞き間違いシリーズがSLAZYでは初演からやってるんですけど。今回4でも考えながらやったりして、好きですね。沢山ネタ作って沢山ボツになった笑」
B「初演?に支配人を料理人って聞き間違えて、チャーハンを作るっていうネタがあって。で、全員にチャーハンを渡していくっていう(笑)」
VP「AWでもちゃんとチャーハンのくだりあったからね?ww日替わりでやったの。たしかまーくんがやったよね?」

 「最後まーくんだけチャーハンひっくり返すの(笑)その落ちていくチャーハンを他の人みんなで見てるっていう(笑)SLAZYそういう所シュールだよねwww」
B「こういうシーンが大好きです。まぁ自分らが楽しんでるだけなんですけどね(笑)」

 


(りょーちんの目が開いてなさすぎて(笑))
「えっ、りょーちん起きてる?www」
「目開いてない?寝てる?」
D「起きてるよ!!」
「ほんとに?ほんとに?」
D「起きてるよ💢💢寝てたらどうやってここまで来たんだよ!(笑)」

 
〜Dの好きなシーン〜
前でお芝居は進んでるけど、その後ろでわちゃわちゃやってるoff芝居?が大好きとのこと。
D「Bとコージ。あっコージwwコージはコージだからwww」
B「その時のシチュエーションはみんなが並んでたから俺が何の券ですか?って。アイドルの握手会です!1番2番3番15番…ってこの間誰?!みたいな(笑)」


D「2個目の映像の方は後ろで永遠にEとギミファイをしまくるっていう」
E「Dが初めて覚えた!って顔ですっごい見てくんの。それが凄い面白くて」
D「1番面白かったのは上でNJが稽古してて俺とEが応援してるんだけど、その最中で俺が腕をやっちゃう(負傷)ってやつ。オイッ!オイッ!オイッ!うっ、、、、、って言って2人でケラケラ笑ってんのwwwww」

 
Q「こういうイタズラをAWでもやってたりしてて、僕は基本的にそういうのには関われない役なんです。でも僕がみんなに言いたいのは1つだけ。いくら遊んでも良いんだけど、その後のちゃんとした芝居はちゃんとやって☺️?戻ってこれなかったり噛んだりするのやめて☺️?」

(Qさま少しお怒りのご様子)

 

Qは本当に全く入らないの?という質問に対して
E「できない役とか言ってるけどこの人サードのA to Zの時の、Xが出て来る時とか扉開ける時に僕の指触ってくるんですよ」
Q「でも大丈夫ですよ?その後とか繋がり大丈夫なんで。支障はきたしません」

 

〜Dの好きなシーン2つ目〜

4の最後で兄弟で踊ったシーンや兄弟関連のシーン

 

D「やっぱあの…………

 

 

こうちゃん(CB)のノコギリの角度ですねぇ… 」

 

「「「そこ?!?!?!前フリ長すぎだろ(笑)」」」

 

D「はい、そのね、やっぱり兄貴とのシーンですね。くらくんとBの曲で踊った時は、今までダンスを踊った中で1番痺れましたね」

DB「りょーちん。そこ俺も書いたよ」

D「さすが〜!」

B「泣きそうじゃんww」

E「その前に目開けて」

D「あいてるわ!www」

DB「袖に立ってる時に、自分が倉貫なのかDBなのか分かんなくなって、変な感覚になって、あぁなんかスゲェな俺って思った(笑)不思議な感覚でしたね」

D&DB「あそこは本当に練習しまくったね」

 

〜Qの好きなシーン〜

それぞれの願いや思いがあって人が集まる。当たり前のことです。でもようやく気付いたのかも知れません。彼もきっと変化している。

♪もしも…

大丈夫ですか?

自分の選択に迷ってはいけません。

自分が決めたことは、常に、最良。

はい。

行ってきます。

 

Q「自分が選んだ道が常に最良みたいな、僕こういうちょっと良い感じなセリフがちょいちょいあるんですよ。実はこれは、出てきてるキャラクターが言ってる言葉を僕が言い方を変えて言ってるだけ。だから僕の言葉じゃないんですよ(笑)パクって自分の手柄にしてるっていうか、それを素直に受け取るエンド(笑)」

「結局何が言いたいの?」

Q「え、僕良いこと言ってるでしょ?(笑)」

E「僕ね、このセリフは舞台のセリフだけど、実は僕の俳優人生の軸になっている部分があるんですよ。でも今その言葉を聞いて死ねって思いましたね」

DB「元々言ったの僕だからね?Q経由でEに伝わったっていう」

 

E「僕もこのシーン好きだけど入れてない。てかみんなこんなにちゃんと考えてきてると思ってなかった(笑)」

 

〜Qの好きなシーン2つ目〜

AWでDとRCLを歌うシーン

Q「これは、4で8とJr.と歌う曲だけど、AWではDeepに葛藤があって、迷ってしまった時にもう一回だけ教えてあげるからちゃんと聞きなさいよ?って僕が歌い出してDがノってきて歌うってシーンですね。DがちゃんとJr.のお芝居を見てるから、このお芝居のDにはちゃんとJr.がいるんですよ」

B「ちょっと今やってよ」

Q「そんなもんか?!ローラーコースターライフそんなもんか?!」

B「ねぇねぇねぇポゥ↑とかやったの?」

Q「ピアノとかエアーとか全部やってるからwwwwww」

B「ねぇねぇねぇ後で楽屋で見せて」

Q「そんなもんか?!www」

 

〜DBの好きなシーン〜

Serenade

 

DB 「髪の毛短いなぁっていう」

「嘘でしょ?!(笑)」

DB「昔出会った時に歌ってた歌をCBがいまだに覚えてて歌ってくれてるとことか。Dが昔やってた兄弟の合図をしてくれたりとか。俺芝居しながら普通に泣きそうになってて。SLAZYはドラマが深いんですよね」

 

B「コアラッコなんて本当にただのおふざけタイムでしたから」

E「空気触りに行くの地獄だったよ!理不尽!まじこれ何の舞台?と思ったもん」

B「まさかねぇ、泣くシーンになるとはねぇ」

 

〜DBの好きなシーン2つ目〜

DB「QとXの会話のシーンが好き。Qが立ってるだけで説得力があるよね。なんか康平くんって凄い役者だなぁと思った。褒めちゃった(笑)」

Q「ありがとうございます(笑)」

DB「上下中の世界が………」

(上下中の説明の仕方で会場爆笑)

Q「12月良い芝居しましょう」

B・D・E「俺らも褒めて欲しいな〜笑」

 

〜Eの好きなシーン〜

CRAZY GIRLとSerenade

 

E「CRAZY GIRLが凄く好きで。そもそもCBが大好きなんですけど(笑)さっきふざけたって話出たんですけど僕、全部CBのこと書いてるんですよ。でもなんか蓋あけたらみんな良いシーン書いてて、こりゃダメだなと(笑)

この曲僕は1では踊ってないんですけど、フリは覚えていて、やっとサードで踊れて嬉しかったです」

 

E「いつもふざけてるCBが真面目にキメる所が、僕の中では凄くかっこよくて。

もう1つはコージが(笑)コーラスいつも音外すんですよ(笑)袖ではできてるんですけど、ステージ入るとあぁなんか気持ち悪いみたいな(笑)」

 

司会「ちなみにCBが好きなんですか?こうちゃんが好きなんですか?」

E「7割CB、3割こうちゃん」

 

司会「もし、他の役やっても良いならCBやりたいの?」

E「Deep」

D「うれしい(笑)」

B「僕もDeepやりたい。なんかDってニュートラルで、自然なんだよね」

司会「ちなみにりょーちんは?」

B「この人気遣いだからどっちか選ばないとと思ってるよ(笑)」

D「えーっと、CB(笑)」

 

〜VPの好きなシーン〜

VP「上中下でいうと、俺の大事にしてる人が上に行っちゃって、俺が下に行っちゃうんだけど。この時にサヨナラを歌うんだよね。このシーンが1番辛かったけど1番好きなの。毎回涙がボロボロでてきて。ほんとはここにWillが映ってるんだけど足が長くて映ってない(笑)」

D「僕はこの時袖でスタンバイしてましたね。あっ…、いやいいや。…あっこれ言って大丈夫なのかな…。

この後、とんちゃんが歌ってはけていくの。ステージ上からオフになった瞬間が見えるじゃないですか。意外とはけ終わった時にとんちゃんがクールっていう(笑)」

VP「あいつwww泣いてろやwww」

D「引きずってはいるんだけど、とんちゃんクールじゃん。はけてきた後のとんちゃんが割とクールなんだと思ってwwwwww」

VP「いいのいいの、私の大統領はそれでいいの。」

 

〜VPの好きなシーン2つ目〜

Qの曲のバックステージツアーのウェールカムトゥーク↑ラブって止める所(やりすぎたバージョン)が好き

 

(U^ω^)法月くんの生歌実践タイム

うぇーるかーむとぅーハッ↑

Q「きめるさんが好きな時はクラブって言ってない。ハッって言ってる」

VP「一回聞いたらそこだけ癖になってずっと待ってるから。全力待機してる」

VP「DVDの日はたぶん軽くやってるね」

E「それ、お客さんが見たらTwitter

法月wwwwwwwwwwww

ってなるやつじゃん」

 

 ☆コーナー② 『実はこの時、事件簿』

ハプニング話を話すコーナー

 

〜Q〜

雑巾が落ちた、帽子が消えた

 

Q「ミスティックはお掃除係なんで雑巾持ったりデッキブラシ持ったりしてるんですけど、サードの時は雑巾が落ちましたね。僕が歌の流れで拾いました。帽子はAWですね。その時はステージにいる全員が帽子を見失いました。全員が帽子を見失った芝居をしました(笑)」

 

〜D〜

スタンバイのはずなのに楽屋に戻る

 

D「ローラーコースターをやりきって、楽屋に戻って。いつもスタンバイの時にきっかけにしてるGのセリフがあって、楽屋で頭によぎってバーカウンターまでダッシュして。一言目が嗚咽するシーンなんですけど、その時はリアル嗚咽しました」

VP「まーくんびっくりしたんじゃないの?」

D「いやあいつ意外と冷静でね?おぅ、居なかったねぇ。みたいな感じなの(笑)」

着いた、嗚咽、ぴったり、ヤッター/だった

「それいつくらい?」

Q「1番油断する時期」

D「すいませんでした」

 

 〜DB〜

首を負傷した

DB「CBとハンカチ落としをなぜか始めるシーンで、あまりにも楽しすぎてバカみたいに首振りすぎて。。まさかダンスじゃなくてハンカチ落としで首を痛めるという事件がありました」

VP「ちなみにまーくんも相撲で背中痛めた」

B「ちょっとまって?相撲やったの?!(笑)」

「まーくん強そうだもんね相撲」

 

〜B〜

B「開演時間を勘違いしてて、1時間前に眼鏡でジャージでお弁当食べようとしてて。メイクさんが来て、えっ?なにしてんの?って。えっお弁当食べようと思って〜♪って言ってた」

VP「ただのバカじゃん」

D「すみっこにスッポリはまって、自分のお家のようにだいぶゆっくりしてるなぁと思ってた(笑)」

 

〜E〜

変顔

E「サードの、泣いてて笑ってるシーンで、インザーギくんがその俺の顔を変顔だと思ったんでしょうね。次の日から、俺も変顔返したぜ☆って顔で見てくるんですよ。普通の変顔してくるの。みなさん知ってますよね?サードで抜群の歌唱力だったインザーギくんが。それもぶっさいくなんですよ。その後反応が気になるのか、どうだった?みたいな感じで聞いてくんのwww1回目は面白くてスルーして、もう一回やってよみたいな感じで言ってたんだけど、さすがにダメだと思って。ザーギくんさ?あそこ俺変顔じゃなくて泣いてニコってしてるだけで変顔じゃないんだって言ったらものっすごい恥ずかしそうにごめんね(笑)って言われました。ギリギリ映像に映らないラインを狙ってくるからずるい。すれ違いざまに後ろでうまいこと変顔するんですよアイツ」

 

〜VP〜

ベルトとコンタクト

VP「初日にベルトがぶっこわれて。ある衣装から元の衣装に代わる早替えがあって、そのときにベルトがぶっこわれて、でも新しいベルトが間に合わなくてお辞儀がずれちゃって。そんな事件がありました」

「その日のパンツはエレガントではなかった?」

VP「ギリギリエレガントだった(笑)」

 

VP「コンタクトの方は、さっきのサヨナラのシーンで毎回泣きすぎてコンタクト落としちゃって。舞台上ではける時見えなくてよろよろになりながらはけてました。2回に1回はコンタクト落としてましたね。だから毎日2枚ずつコンタクト持ってきてた。faceには僕の眼球がいっぱい落ちてます(笑)」

B「すごいしょーもないこと聞くけど、ワンデー?」

VP「うん、ワンデー」

B「良かったwww個人的に気になってwww」

VP「その間にアイツ(W)はクールな顔してたんでしょ?(笑)」

 

☆円陣

B「4の時に開演前に円陣組むんだけど、僕は恥ずかしいからあんまり自分から率先して円陣組むタイプではなくて。3の時はこうちゃんが円陣組んでて、激アツだった!って話を聞いて、だからこうちゃんに、えっもっくん円陣やんないの?って聞かれて、俺そういうタイプじゃないし…ってブルームっぽいでしょ?(笑)

だからせっかくこうちゃんに言われたし、やってみようと思って。でもやっぱり恥ずかしいから隣にいるDeepにみんなを集めてもらうっていう(笑)そしたらりょーちんが、任せろ!って感じで、ハイハイ集合〜〜♪って集めてくれるの(笑)それを毎回やってた。俺がそろそろじゃない^ ^?そろそろじゃない^ ^?オッケー任せろ集合〜〜♪ってwwwスタッフも俺が円陣やるの珍しいから見にくんの(笑)太田が円陣やってるよ!ってwww」

 

円陣やってみる?って流れになったけど御察しの通りグダグダでした(笑)

 

☆演出の三浦さんを始め、スタッフさんがSLAZYが大好き

Q「AtoZをスタッフがモニターを見ながら踊ってる。朝のサウンドチェックが終わったらスタッフだけで歌っているっていう(笑)音響さん照明さん全員です(笑)そういうところにミスティックの支えを感じました」

 

 ☆コージとインザーギ

「なにこれただの紹介じゃん」

「なんの映画だよ」

「新しい漫才コンビ」

 

D「いいじゃんコージ今日調子いいじゃん」

F「やばいっすりょーすけさんオレ今日調子イイっす」

D「よっしゃ今日はこの調子で行こうぜっていうのに結果裏返るっていう。めっちゃがっくりして帰ってくんの(笑)」

E「最終的には、ウィンが唯一のソロ曲だからちゃんとやってくれって説教してた(笑)」

D「コージのネタいっぱいあるんだよ〜〜」

 

D「インザーギくんが声出しから声が全開で。全員でこれ朝10時の声じゃねぇwwwって(笑)

ザーギくんに、なんでそんなに声出るの?って聞いたら、

りょーちん…。もうお昼だよ…。

ってかっこよかったwww」

E「オレ声出しで拍手聞いたのインザーギくんが初めてだった(笑)」

 

☆ラーメン

E「ラーメンとファースト、この単語を組み合わせるとイコールになる人物が1人いるんですよね。アクトですね。始まる前に炭水化物をずっと抜いてたんですよあの人。まさしくんがケータリングずっと見てて『食えばいいじゃん?』って言っても『俺は食べない』って言ってたんですよ。言ってたんですけど、初日の前日に、僕とまさしさんが演出のかおりさんに『お前ら全然できてねぇよ。』って言われて、えっこのタイミングで?ってなるじゃないですか。落ち込みすぎて、そしたらまさしくんが、『ゆうき、ラーメン食うか。』ってwwwそれでこそ俺が知ってるまーくんだなぁと思って(笑)

特盛。替え玉3倍。(会場から悲鳴)

おめぇそれは太るぞバカッ!!!!!

AはAceよりもさらに高くじゃねぇよ!!

ってなりました」

 

☆Tと問題児

VP「これ完全にとんちゃん。楽屋でイーってなるから。とんちゃんの誕生日がSLAZY中にあって、段ボールにたくさんのプレゼントが入ってたんですけどそれをもたもたもたもた片付けてるからイーッってなって、俺がやる!って一緒に片付けてた(笑)ずっととんちゃんの世話してたからそのままVPでした(笑)でっかいけどぽーっとしてるの(笑)

問題児はサムさん!Twitterにネタバレばっかり書くのwwww台本とか稽古場とかwww問題児でしたね(笑)」

 

 ☆SLAZYでドン!

イントロドン的なやつ

 

VP→司会へ

DB→ゲスト(笑)

 

①CRAZY GIRL

○E

B「反射神経遅いからヤダ。1番遅かった(笑)」

 

②Garnet Star

○Q

B「毎回なに言ってんのかわかんないwwwべいっべーって言ってるwww」

 

③Patient of Love

○B(半分ズル 笑)

胸に矢が刺さってる、で矢の刺さるポーズしてたからかわいかった、、( i _ i )

 

④Serenade

○D

 

⑤サヨナラ

○Q

 

⑥Circus

 ○E

歌って答えて!とのキメ様の一声で井澤さんがアカペラで歌ってくれました(・ω・)ノ普通にかっこよかった(・ω・)ノ(笑)歌上手いなぁ…

 

⑦money money

 ○B

CDに乗せて太田さんが生で歌ってくれてかっこよかった。。もう本当に( ;  ; )( ;  ; )

 

⑧Q's question

○B

法月くんが分からなくて会場からえーーー?!?!って悲鳴(笑)

CDに乗せて、法月くんが井澤さんにほぼ0距離くらいで歌ってくれました(笑)

 

⑨魔法のホウキ

○D

なぜか加藤さんが歌いながら井澤さんと抱擁(笑)

 

⑩little coolbeans

○Q

B「これ3でしょ?」

Q「2だよ」

B「そうだよね、だってこれ知ってるもん(?)」

 

太田さん3ポイント、法月くん3ポイントになったけど、太田さんが俺1回ズルしちゃった!とのことで法月くん優勝。

 

最後は1人ずつ挨拶。

法月「僕は僕として、Qを演じ切ります」

井澤「エンドとして久々に帰ってくるので、僕自身とても楽しみです」

加藤「ずっと続いているSLAZYに、次もこうして出れることが嬉しいです。よろしくお願いします!」

太田「1でfaceから始まって、次で5。1の時は5まで続くなんて思ってなかったし、こんなにもたくさんの人に愛されるなんて思ってませんでした。12月、この素晴らしいキャストで、ここにいないキャストみんなで作り上げてきたSLAZYを12月の公演でできたらいいなと思います。」

キメ様「こんなに愛されてる作品に5作品目にして新キャラとして出れて嬉しいです。最後に、レッツ!エレガント!」

倉貫「前回はSLAZYという出来上がった作品に入って、みんなについていくことに必死だったんですけど、次はみんなともっと楽しんで作れたらいいなと思います」

 

 

イベント自体はここで終了。

本当に楽しかった〜〜( i _ i )❤︎ 

 

 

 

 

 

 

この後は読みたい方だけ読んでください(・ω・)ノ

こんなにもこんなにも楽しかったイベントがあの一瞬で吹き飛ぶなんて思ってませんでした。そう、この時は(笑)

 

 

 

重厚なSLAZY特有の、扉の開く音に乗せて。

 

 

 

SLAZY、12月、詳細発表。

 

 

 

The Final invitation〜Garnet〜

 

 

 

ついに最終章…。

 

 

 

ここでSLAZYの軽快な音楽に合わせて公演とLIVEの日程と会場の発表です。

〔日程〕

2016年 12月7日(水)~12月13日(火)
〔 会場 〕
品川プリンスホテル クラブeX

 

大阪ライブ決定!!

[ 日程 ]
2016年12月29日(木)~12月31日(土)


[ 会場 ]
梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ
(大阪・梅田)

 

 

詳細までは会場が歓喜の悲鳴。

題名発表でみんなの頭にハテナと一抹の不安ががよぎり、

ついに最終章という文字で会場阿鼻叫喚。

 

あんなに騒めきと阿鼻叫喚が飛び交う会場、なかなかできない体験だったかもしれない(笑)わりとサンシャイン劇場が葬式でした。

 

今あの空気を思い出しても鳥肌と涙と謎に笑いがこみ上げます。私は米原さん好きな子と、介護に来てくれたQちゃん軽く好きな子と連番してたのですが、米原さん好きな子と気持ち悪いくらい2人で泣きました。30分くらい泣きやめなかった。恥ずかしながら、生まれて初めてあんなに外で泣いたかもしれない(笑)まぁ米原のおたくはイベントで米原さんの話出るたびに泣いてたんですけど怖い厄介(^ー^)ノ会場で大丈夫ですか?と声をかけてくださったお優しい見知らぬ方々、その節はすみませんでした、そしてありがとうございました。あの後ボロボロに泣きながら必死にプレボに手紙とプレゼントをぶっこみました。

わたしは今なんとか生きてます。

 

 

正直、まだ受け入れられない。12月でBloomに会えるのが最後だなんて。ただただ寂しいって気持ちでいっぱいで、もうそろそろ終わりが近いことも分かってた。終わってしまうことも理解してる。でもまだ心のどこかで現実を受け止めきれていない自分がいます。

 

三浦さんならきっと、きっと素敵な最終章にしてくださると信じています。みんなが、みんなで、幸せになれますように。わたしには何にもできないけれど、最後まで作品を愛します。

たくさんの人に愛されているSLAZYが、

わたしも大好きです。

 

だいすきなBloomちゃんを最後まで見届けるよ。

幸せになってね。

 

 

いつかゆっくり、最終章前にSLAZYブログ書きたいなぁ。。

 

 

さて、12月のために働きますか。

のんちゃん一緒にがんばろうね❤︎笑 

 

.

広告を非表示にする